Azure

Azure - VMのバックアップとリストア その設計方法

投稿日:2019年5月2日 更新日:

Azureのバックアップサービス

2019年11月現在、IaaS関係のAzureバックアップサービスは2種類ある。これがよく混乱するので、このページで整理しておく。Azureのサービス群では以下の二つがIaaS関連のバックアップサービスだ。これらについて説明する。

  • RecoveryServiceコンテナー
  • Snapshot

 

AzureBackupという言葉の説明

説明の前に、「Azureバックアップ」とネット調べているとたまにAzureBackupとかSiteRecoveryという言葉が出てくる。これらを整理するとこんな感じになる。図で示すとこんな感じ。

ポイント

AzureBackupという概念があり、それを実現する方法としてRecoveryServiceコンテナーというサービスがあり、その中のひとつにSiteRecovery(別ページでさらに開設予定)という機能がある。

Microsoft公式:https://docs.microsoft.com/ja-jp/azure/backup/quick-backup-vm-portal

 

AWSとの比較で概要を理解

Azureのクラウドサービスを使う上で、やっぱりAWSとの比較も欠かせない。自分なりの理解で比べてみるとこんな感じ。AzureもAWSも同じサービスあるよなー。

 

Azureでバックアップ設計するなら?

VMは基本Recovery Serviceコンテナーでバックアップ

Recovery Serviceコンテナーを使って日次もしくは週次でVMまるごとが良いかなと思う。やっぱりシステム障害の場合、VMをイメージで丸ごとリストアできるのは魅力。労力がすくない。

例えば、変更が少ないシステムなら週次バックアップでも、日次バックアップでもこれで対応できる。24時間365日(24/365)システムでも、片方のVMを停止している間にRecovery Serviceコンテナーでバックアップを取るというような使い方で十分商用運用可能。

ポイント

Recovery Serviceコンテナーは純粋に、Hyper-Vのイメージバックアップ機能をつかっている感じかな。サポートに聞いた感じVHDまるごとバックアップ取っている仕様だと思う。

 

デメリット

バックアップやリストアに時間がかかるのがデメリットかな。あとどうも、バックアップを取得する際に一回電源停止しているもよう。これについてはテスト時に各システム要確認だが、少なくともOSは停止した(停止させられた?)挙動のように見える。

バックアップ取得までの手順は公式を参照。あと、ほかのサイトにもあるからそちらにゆずる。

Microsoft公式:https://docs.microsoft.com/ja-jp/azure/backup/backup-azure-arm-vms-prepare

 

注意点!ライセンス関係

Recovery Serviceコンテナーのバックアップから新たにVMの追加するのはだめ!正式に答えられないけど、新規VMを作るならVirtual Machineからつくらないとだめだよ!ちゃんとサポートに問い合わせしてね。多分、VM自身が持っているライセンス番号がかぶってOSで予期せぬエラーが出ると思うよ。

 

Snapshotの使いどころ

データDISKのSnapshotを取得しておいて、そのSnapshotからDISKを作成して、他のVMにアタッチするとかで使える。SnapshotでVMのフルバックアップをとろうとは考えてはいけない。そういう時はRecovery Serviceコンテナーを使おう。

ただし、Recovery Serviceコンテナーのバックアップは時間がかかるので、DIKS一本バックアップ取得するならSnapshotでいいやという判断ができる。Snapshot取得の際には、OSシャットダウンが必要だけども、Snapshotの方が取得が早いのでテスト時の万が一バックアップに使える。

注意ポイント

Snapshotはそのままではリストアできないので、リストアする場合は、SnapshotからVMを作成する手順が必要。SnapshotからDISKを作るやり方は下の画面を参考に。使用するサービスはDISKサービス

 

 

まとめ

まとめるとこんな感じになる。

  • 日時や週次などの決まった時間のバックアップは、Recovery Serviceコンテナー
  • テスト時や急いで手動バックアップを取りたいときはSnapshot
  • 異なるVMに同じデータDISKをアタッチすることが必要なシステムは、Snapshotでイメージを取得→DSIK作成

おすすめ記事

1

敬愛してやまない大芸人であるコウメ太夫様が毎日実施されているツイート(#まいにちチクショー)を元に、機械学習初心者がPythonのプログラミングでデータ収集と学習を行い、コウメ太夫様っぽい文章を自動生 ...

2

正直私も最初はUdemyなんて聞いたことないし怪しいなと思いました。でも、今では実際に25講座ほど購入済みです。そんな私がUdemyの評判やお得な講座購入方法について書いていきます。   目次 Ude ...

3

先日AWSソリューションアーキテクトアソシエイト(AWS SAA)に一発で合格しました。スコアは800点台の後半でした。 世の中にはたくさんAWS SAAの合格体験記がありますが、私もこのサイトに合格 ...

4

この記事は、技術系ブログ運営の実情と運営するメリットについて詳しく書いていく。これから技術系ブログを始めたいと思っている人は、よく読んで参考にしていってください。そして、この記事を参考に技術系ブログを ...

-Azure

Copyright© CLOUD IT FUTURE , 2020 All Rights Reserved.