Azure

Azureテンプレート 使い方とポイント - 初級編

投稿日:2019年12月8日 更新日:

Azureを使う場合、テンプレートという便利な機能がある。テンプレートの書き方は必ず覚えよう。

Azureテンプレート試してみた

Visual Studioのダウンロード

今回の検証で使ったソフトはVisual Studio Community 2019 無償版だ。一定期間であれば無償で使用できる。なお、このページではVisual StudioをVSと略している。VSをダウンロードしてこのAzure テンプレートを試してみてほしい。

機械学習やAIのアプリを作りたい!Udemyの“【画像判定AIアプリ開発・パート1】TensorFlow・Python・Flaskで作る画像判定AIアプリ開発入門“を購入して勉強した感想と評価

機械学習についてある程度理解した!そろそろ自分で作った機械学習モデルをアプリ化したり、WEBサービス化してみたい!という方に【画像判定AIアプリ開発・パート1】TensorFlow・Python・Fl ...

続きを見る

VSのダウンロードが完了したらexeを実行してインストールを開始する。初めてのインストールであれば以下の画面が出力される。

画面の通り選択するようにしよう。

ポイント

ポイントはVisual Studio2017から追加された機能Azureの開発を選択することだ。

最初はダウンロードやインストールに時間がかかるから待ってね。

 

とにかくやってみよう

まずはAzureテンプレートのイメージをつかむため、サービス一つで完結する、ストレージアカウントを作ってみる。とりあえず、VSでファイル→新しいプロジェクトを作る。

画面を参考に、プロジェクトの画面で、Azureリソースグループを選択しよう。これはVS2017以降で追加された機能のため、VS2015とかだと機能がないから気をつけてね。

 

テンプレートは、Blank Templateを選ぶ。初めから何も書いてないテンプレートなので、検証しやすい。

プロジェクトが起動した直後のテンプレートはこんな感じ。右側の.jsonファイルを選択すると、左側にJSONアウトラインが出てくる。そこのリソースで右クリック→リソース追加を押すと下記の画面になる。そこでストレージアカウントを追加する。

こんな感じになる。そして、右側のプロジェクトを選択して、配置→新規作成。とりあえず実行してみる。

 

ログイン情報やパラメータを聞かれた。必要事項を入れて再実行。

途中Powershellの画面(もしくはタスクバー上にちょっと出てくる)が出力されることがあるが、VSからテンプレートを実行するとPwershellにプロジェクトファイルが渡され実行されているからだ。たまに、Powershellの入力待ちに気づかないで待ち続けていることがあるから気を付けよう。

 

できた(にこにこ)。

 

Azureのサービス画面にちゃんとストレージアカウントが出来てる。

 

次回は依存関係を含んだもっと複雑なテンプレートを作ってみる。

 

Azureテンプレートを覚えるメリット

エンジニアが仕事をしている最中にめんどくさいと感じる一番の瞬間は、同じことを繰り返す時だろう。インフラエンジニアは、特に経験があるだろう。サーバ100台いつまでに追加という場合、同じ作業を何度も繰り返して、やっと構築が完了するという仕事が昔はあった。

今はイメージ配布ソフトウェアも活用できるようになりそういった仕事は減ってきた。それでも手作業でサーバを作り、設定をしてという作業が残っていた。例えば開発環境を作った後に本番環境をつくるという場合などが例にあげられる。

しかし、クラウドの時代になり状況が変わり始めている。IaC(Infrastructure as a Code)という言葉も出てきており、これまでバグの温床であった手作業や環境差異をなくすためにインフラもコード化される時代になってきた。

そんなときに活用するサービスがこのテンプレートだ。AWSでいうところのAWS Cloud Formationだ。

ポイント

Azureテンプレートは、VSと合わせて使うことでさらに強力な武器になる。

そもそもAzureテンプレートってなに?

公式サイトを引用する。参考にさらっと読んでみてほしい。さっき私が試した内容が詳しく書いてある。

機械学習やAIのアプリを作りたい!Udemyの“【画像判定AIアプリ開発・パート1】TensorFlow・Python・Flaskで作る画像判定AIアプリ開発入門“を購入して勉強した感想と評価

機械学習についてある程度理解した!そろそろ自分で作った機械学習モデルをアプリ化したり、WEBサービス化してみたい!という方に【画像判定AIアプリ開発・パート1】TensorFlow・Python・Fl ...

続きを見る

イメージとして、Azureのポータル画面を思い出して欲しい。あれはボタンを押したら、サービスが立ち上がるようになっている。要はサービス開始ボタンを押した裏でコマンドが走っているのだ。その、裏で実行されているコマンドを、明示的に自分が書いてAzureに渡してあげているのがAzureテンプレートという考え方でOKだ。

 

さいごに

プログラマー以外のエンジニアからすると“コードを書く“というだけで、苦手意識がある。だけど、これからの時代必須のスキルになるので頑張って覚えよう。

 

おすすめ記事

1

敬愛してやまない大芸人であるコウメ太夫様が毎日実施されているツイート(#まいにちチクショー)を元に、機械学習初心者がPythonのプログラミングでデータ収集と学習を行い、コウメ太夫様っぽい文章を自動生 ...

2

正直私も最初はUdemyなんて聞いたことないし怪しいなと思いました。でも、今では実際に25講座ほど購入済みです。そんな私がUdemyの評判やお得な講座購入方法について書いていきます。   目次 Ude ...

3

先日AWSソリューションアーキテクトアソシエイト(AWS SAA)に一発で合格しました。スコアは800点台の後半でした。 世の中にはたくさんAWS SAAの合格体験記がありますが、私もこのサイトに合格 ...

4

この記事は、技術系ブログ運営の実情と運営するメリットについて詳しく書いていく。これから技術系ブログを始めたいと思っている人は、よく読んで参考にしていってください。そして、この記事を参考に技術系ブログを ...

-Azure

Copyright© CLOUD IT FUTURE , 2020 All Rights Reserved.