雑記

【IT業界】職場に来て欲しくない新人 - 嫌われる新人

投稿日:

IT業界に10数年居て、新人育成も担当している私が、今まで見てきた周りから嫌われる新人の特徴について説明する。これから就活をする人、新しく社会人となる新人は是非一読して、反面教師にしてほしい。

以前書いた職場に来て欲しい新人の特徴はこちら

 

注意ポイント

この記事はある程度の規模以上の日本企業を想定して記述しています。
少人数の会社、ベンチャー企業、外資系企業は想定していません。

 

記事要約

こういう新人は職場で避けられてしまう。自分が同じような行動、特徴をもっていないか確認しよう。

ポイント

  • 新人に技術(特別なスキル)は求めていない
  • 失敗を避けすぎて動かない
  • いや、でも、という口癖が多い
  • 周りと会話しない
  • 同期と比較して、自分が出来る方だと錯覚している
  • 先輩の一側面のみを見て勝手に評価している

 

良くある間違い - 新人に技術(特別なスキル)は求めていない

これから入ってくる新卒の新人に伝えたい。現場は新人に対して、技術はほとんど求めていない。新人の方は勘違いしているかもしれないが、新人に技術力なんてものは最初から期待していない。それよりも会社に入った後に必要なことを必要なタイミングで、自分で勉強してくれれば良いと考えている。

 

受け入れ側としては、「技術力が最初からあれば、ラッキー、育てやすいな。」程度にしか考えていない。つまり、それほど新人の技術力は重要ではないのだ。受け入れる側は、仕事として、ばっちり最初から教えるつもりのため、新人に技術がなくても気にしない。2年くらいかけてちゃんと育てるつもりである。

 

プログラミングできます、サーバ作れますはプラスポイントである。しかし、必須ではない。ただ、私の経験上そういうことをアピールしてくる人は、プログラミングやサーバ構築などは出来るけど仕事として使えるかというと使えない。知識がある程度のレベルである。とても業務レベルで技術力があるとはいえないのである。

 

そして、大体の先輩は同じことが出来る。大概の新人も半年くらいで同じようなことが出来るようになる。だから、入社時点である技術を持っていたとしても、特異な技術とは言えない。威張れないということを覚えておいた方が良いだろう。

 

ポイント

思っている以上に、学生の時のプログラミング技術やサーバ構築スキルは仕事には使えないため、そこまで評価されない。

 

新人に技術は求めていない。それよりも、“仕事”を出来るようになってほしいと思っている

忘れているかもしれないが、技術は目的達成のためのツールでしかない。仕事は“ツール”(持っている道具や知識)を使ってなにを達成するかが大切だ「技術があります。」というのは、性能の良いパソコンを持っています。というくらいでしかない。

 

その技術でなにをするのか。その技術をどう使うのか、どうビジネスに活かすのか。この観点がとても重要なのである。

 

仕事をするためには、技術以外でなにが必要なのか。こういったことを周りの人が教えてくれるはずだ。IT業界だから技術があれば、スキルがあれば偉い、ということはまったくない。

ポイント

新人の頃に下手に技術があると、周りの助言を効かなくなり、結果、頭でっかちで嫌われる社員が出来上がるということを幾度となく見てきた。

このように、学生時代の技術(ITスキル)について、特別なものだと勘違いしている新人は現場ではごめんだ。驕らず素直に必要な技術を必要なタイミングで勉強してくれればそれで良い。

 

失敗を避けすぎて動かない

これもよく見るタイプの新人だ。

学生のころからすでに分からないことはインターネットで検索するという行動を覚えている新入社員は、わからないことはすべてネットで調べるという行動をする。そして、それが効率的と思っている。

ある一定では間違っていない。しかし、仕事の答えはネットにはない。仕事の答えをネットで探す。しかし、そんな答えはない。ネットに答えがない。だから、先輩に答えを聞いた方が効率的と考えるようになる。

 

結果、効率的という言葉を盲信して、先輩からの回答を聞いてからでしか、または、先輩からゴールへの道筋すべてを聞いてからしか動かないという特性を持つようになる。

つまり「わからないんだから、できません。」という姿勢である。自分は育てられて当然、お客様、受け入れられて当然、教育されて当然という姿勢の新人は嫌われる新人の特徴の1つである。

 

ポイント

仕事とは、ない答えを自分自身で作り出すことがとても大事なのである。
聞くことが悪いんじゃなくて、考えないことが悪いと伝えたい。

 

いや、でも、という口癖が多い

上記に関連するが、揚げ足をとる発言や、対人関係でマウントを取りたいのか、助言に対して否定から入り、あたかも論理的に勝った雰囲気を見せたい人。

「俺、こんな観点で意見を言えます。」という鋭い視点をもった感じを見せたい人をあなたも周りで見たことがあるだろう。これも嫌われる新人の特徴である。


ポイント

会社は理論じゃ動かない。組織は人である。人を動かすのは感情なのだ。
空気を読むのではない。相手がなにを考えているのか心の機微を感じ取れないとだめなんだ。空気は読まなくて良いから、自分の発言の結果、相手の心がどのように受け取ったか、どのように心が動いたかを読むことが重要であることを伝えたい。

 

周りと話さない

新人はその会社にとって赤ん坊と同然である。

赤ん坊は外部からの音、刺激を通じて成長し、言葉を理解して、次第に言葉を発するようになる。つまり、周りから言葉のシャワーを浴びて成長するということだ。

 

嫌われる新人は、周りと話さないという特徴がある。先輩たちも最初は、その新人がどういう思考回路なのか雑談なり、会話なりを通して聞き出そうとする。でも会話をする気がない新人が居る。結果、大事な時期の言葉のシャワーを浴びないがために成長が遅れてしまう。そして、周りとコミュニケーションを取らなくなり、結果、少しねじ曲がった性格になってしまうということがある。

 

事例を紹介しよう。

まったく期待されていない新人と成績優秀な新人が同じチームに入ってきたことがある。成績優秀な新人は、あまり周り話さず黙々と与えられた作業をこなしていた。

まったく期待されていなかった新人は、周りから叱られることは多かったにせよ、よく喋っていた。よく雑談をする新人だったのだ。

 

一年後、成長に明確な差が現れた。まったく期待されていなかった新人がその同期の中で先輩から期待される一番のエースとして育ったのだ。

 

ポイント

先輩からの言葉は時にはうるさいけれど、“たしかに“という含蓄を含んでいることがある。会話を通して、知らず知らずのうちにノウハウを頭にインプットされるのであろう。

オフィスの中で、仕事の環境で、聞いた言葉にこそ、大切なノウハウが詰まっているのである。ただ飲み会はまた別の話だ。

 

同期と比較して、自分は出来る方だと思っている

または、近い年次の先輩を見て自分のほうが出来ると思っている。「井の中の蛙大海を知らず」、「どんぐりの背比べ」とはよく言ったものだ。


仕事を簡単だと思い、どこか学生気分が抜けず、バイト感覚の舐めた態度をとる新人について、先輩たちはよく見ている。そのような新人の周りからは人が離れていく。そういった新人は謙虚な同期に抜かれていつのまにか会社を去っていくか、うだつの上がらない歯車として会社に居座るかである。

ポイント

どんな時代も、謙虚であることが大切である。

 

先輩の一側面のみを見て評価している

もちろん出来る先輩、できない先輩がいる。できない部類の先輩を見て、「ああはならないと言う。」でも、その“出来ない“と思っている先輩と同じ会社にいるということは自分も同じレベルであるということを忘れてはいけない。

そして、あなたはその先輩ができること、何1つもできないという現実を理解していない。誰が上、誰が下、ということなんてないことに気づかない。

新人が先輩に対して舐めた態度をとるのならば、その新人はチームからの信頼を失う。

 

ポイント

他人に対して敬意を払えない人は組織を潰す。だから危険分子になりうる新人は早いうちに指導・教育されるようになるだろう。治らないのであれば、お手上げとなる。



こういった特徴をもっていると結果的に周りから人が離れていく

これまで記述した特徴を持つ新人は、周りから人が去っていく傾向がある。人からの信頼が無くなるのである。そうなると、一定以上の仕事をするチャンスがなくなる。


ポイント

組織は人である。人がいないのであれば、仕事はできない。会社に入って仕事を割り振られるということがどれだけ、尊いものか理解しておこう。



おすすめ記事

1

敬愛してやまない大芸人であるコウメ太夫様が毎日実施されているツイート(#まいにちチクショー)を元に、機械学習初心者がPythonのプログラミングでデータ収集と学習を行い、コウメ太夫様っぽい文章を自動生 ...

2

正直私も最初はUdemyなんて聞いたことないし怪しいなと思いました。でも、今では実際に25講座ほど購入済みです。そんな私がUdemyの評判やお得な講座購入方法について書いていきます。   目次 Ude ...

3

先日AWSソリューションアーキテクトアソシエイト(AWS SAA)に一発で合格しました。スコアは800点台の後半でした。 世の中にはたくさんAWS SAAの合格体験記がありますが、私もこのサイトに合格 ...

4

この記事は、技術系ブログ運営の実情と運営するメリットについて詳しく書いていく。これから技術系ブログを始めたいと思っている人は、よく読んで参考にしていってください。そして、この記事を参考に技術系ブログを ...

-雑記

Copyright© CLOUD IT FUTURE , 2020 All Rights Reserved.